痴漢冤罪で無罪を主張する場合は刑事弁護に強い弁護士を雇う必要がある

ドラマや映画、小説などのフィクションでは、警察に逮捕された人が無罪を主張して、担当の弁護士がそれを証明するというストーリーの物語がたくさんありますが、実際のところ、逮捕された人が自分は罪を犯していないと言って無罪を望むということはほとんどありません。なので、大抵の刑事弁護は、罪は認めてしまい、いかにして受ける刑罰を軽減させるかということになります。ただ、被告が無罪を主張するというケースもまったくないわけではありません。実際、無罪を主張して冤罪が認められた人も多いです。たとえば、痴漢をしたという疑いで逮捕された人は、無罪を主張するケースがあります。